FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
たべごと屋 のらぼう
東京都杉並区にある有機野菜ばかり使っている食事処

玄米セット


サラダ(胡麻ドレッシング和え)


メニューは毎日違い、その日に採れたものが食べれます。前菜、メイン、デザート、ドリンク、それぞれたくさん種類があります。1つ1つの料理がちゃんとした味をしていて食べてるだけで幸せな気分になります。

おしるこ(小豆の代わりに黒米?を使ったもの)


行く度にメニューが変わっているのでオススメはこれ!というのは断言できないのですが、玄米セット(1000円ほど。玄米ご飯、漬物、お味噌汁)、りんごジュース(400円?)は毎回注文しています。



住所:東京都杉並区西荻窪北4-3-5
電話:03-3395-7251
時間:17時~24時(予約可)
*席はカウンター7席ほど、テーブル4人がけ2つくらいなので、予約をしていくといいです
定休日:月曜
HP:ここで店長さんの顔が見れます。とても良い人です。地図あり。
http://www.ne.jp/asahi/nishiogi/club/...

Written by Kiri
スポンサーサイト
【2007/03/04 22:36 】 | 和食 | コメント(0) | トラックバック(0)
万葉遊楽御膳(須々保理亭)
高岡万葉まつり 「朗唱の会」 去る10月6日(金)から8日(日)まで「第17回高岡万葉まつり」が開催されました。これは「万葉のふるさと」とされる高岡市のまつりで、メインイベントは3昼夜にわたって『万葉集』全20巻4,516首の歌全てを、市内はもちろん県外からも集まった一般の方々が中心となって2200人以上の人が参加し、公園内のお濠上の特設ステージで万葉時代の衣装に身を包んで順番に朗唱していく「朗唱の会」です。
高岡万葉まつり(TAKAOKA CITY WEB SITE)

 そして、イベントの一つとして、古代食弁当・須々保理亭(すずほりてい)の「万葉遊楽御膳(まんようはやしごぜん)」の限定販売がありました。
万葉遊楽御膳これは懐石料理屋のおかみさんが、『万葉集』に登場する食べ物を参考に万葉時代の代表的な色の赤・赤紫にこだわって考案されたものだそうです。祭り期間中一日限定約50食を2000円で販売していました。さっぱりした味付けの酢の物や煮物、鮎の煮付け、鴨肉などさまざまな食材を使い一つひとつが細かい作品のよう。古代色を意識したメニューには赤米、紫いもの菓子、山イチゴのゼリーがあります。

 お弁当のメニューは以下の通りです(会場に掲げられていたものを写しました)

一、醤・中酢・天塩
一、祝魚(ほがいな)・・・鮑のうに和合
一、蘇(そ)・・・生乳
一、楚割(すわやり)・・・鮭とば
一、鯉醢(こいのひしびしお)・・・鯉糀
一、鱠(なます)・・・柿・わかめ・大根
一、脯(ほしじ)・・・干肉
一、(いりもの)・・・鮎甘露煮
一、心太(こころぶと)・・・えご藻
一、飯(いい)・・・赤米
一、羹(あつもの)・・・鴨肉・ぜんまい・干大根
一、炙(あぶりもの)・・・牛肉串焼
一、茹(ゆでもの)・・・里芋・人参・枝豆
一、須々保里(すずほり)・・・小蕪
一、餻(くさもちい)・・・よもぎ
一、菓子・・・季節のもの
一、酒・・・赤米酒
一、添花


見慣れない漢字もあり、ブラウザによっては文字化けしているかもしれません
の字は出てきませんでした。「擕」という字の手偏が月偏です

 中でも注目したいのは「」です。蘇は奈良時代に中国から伝わった、牛乳を長時間煮詰めて作られた、いわば古代のチーズのような食べ物です。
蘇 わたしは今回初めて食べましたが、味わってみての感想は見た目と違って粉末状の食感がよく感じられ、塩味が極めて少ない薄味のバターかあるいはチーズのようでした。0.7ミリほどの厚さの2.5センチ大の小さな固体に切られているものが3つ、これだけ?という量でしたがクセがあるというか舌で味わうのとは別の不思議なコクが詰まっている感じで、一度にたくさんは食べられないと思うのでこの量でちょうどでした。

 実はこの後自分でも蘇を作ってみたくなって、試してみました。それについては関心空間のキーワードに書いたのでそちらをご覧下さい。⇒「


※このお弁当は祭りで毎年出されたいたそうですが、残念ながら今年が最後ということでした。お弁当を考案されたおかみさん曰く、後継者が居れば続けてほしいとか。どなたか来年の万葉まつりでこのようなお弁当を考案される方は居ないでしょうか...。

Written by ふみふみ
【2006/10/12 08:00 】 | 和食 | コメント(0) | トラックバック(1)
若貴
広島市にあるお好焼きのお店。

広島のガイドブックに載っていて、広島旅行の際に行ってきました♪

若貴

ここの名物は画像のお好み焼スペシャル(全部入り)ミックス(1200円)。広島焼の上に海鮮がのっています。上から、えび、いか、目玉焼き、肉、キャベツ、小麦粉&水を混ぜたもの、といった感じです。結構ボリュームがあるので、女性一人で食べるのはきついです。でもお好み焼に海鮮がのっているのを初めて食べたうちにはこのお店のこのお好み焼は新鮮であり、とても美味しかったです。

店内は広く、平日のお昼はそれほど混まないようです。
メニューはHPをご覧ください、お好み焼、焼そば、ドリンク、など多種多彩です。

住所:広島市中区本通り9-30ランドマークビル4階      
電話:082-541-0909
時間:10:00~24:00
定休日:ほぼ年中無休
HP:http://www.ccv.ne.jp/home/wakataka/

Written by Kiri
【2006/09/27 21:04 】 | 和食 | コメント(0) | トラックバック(0)
なか川寿司
なか川 入り口 「なか川寿司」は高岡市の港町・伏木にあるお寿司屋さん。
伏木駅前の通りを脇道に入ったところの、静かな住宅が密集する一角です。目立たないので見落としがち。
入り口も少し引っ込んでいますが、「なか川」の看板を探して行ってください。看板の「な」はくずし字で、「ふ」のように見えます。
横に広めに取ってある駐車場があります。

なか川 店内 店内は意外とゆったりしています。何年か前に改装されたようで、入り口の扉とカウンターの扉は新しかったです。ご主人と奥さんの2人でやっているようす。長年のお馴染みさんが多く、出前を取る人も少なくないよう。


なか川 たぬきの置物入ってすぐ脇にあるタヌキの置物が大きかったです。

食べたのは、にぎり寿司(正式名称不明) 
1500円+税
ちなみに、梅は1300円、松は2000円だったと思います。その他握りの単品やちらし寿司もありました。
 「竹」 見た目は控えめな量に見えますが、これでお腹いっぱいになりました。実はわたしはお寿司はそれほど好きではなく、生魚の握り寿司もそれほど進んで食べたいとは思いませんが、美味しいと聞いていたのでこの寿司屋さんに行ったのです。
なか川 寿司 竹 握りたてということもあるでしょうが、ネタが新鮮でしゃりもちょうど良い具合で、口当優しい味でした。これならお腹が満たされるまで幾つでも口に入れられそうです。画像には写っていませんが、これにみそ汁が付きます。これも美味しかったです。

また食べに行きたくなるお店でした。

なか川 店内【場所】富山県高岡市伏木錦町2-8 (地図 ⇒Google マップ)
JR氷見線 伏木駅から徒歩5分ほど
【電話】0766-44-0793
【定休日】月曜日
【座席】カウンター席10人 / テーブル(畳)席4人分
【駐車場】店舗の横に駐車場有。6台は停められます。

営業時間】お昼:12:00前後~ カウンターなしで盛り合わせのみ受け付け
夕方:17:30ごろ~21:00ごろまで
*電話で確認してみたところ、何時から何時までとはっきりはしていないようです。また、配達の関係でお待ちいただく場合があるかもしれない、とのことです。


【地図日記で場所の確認】


記事・写真:ふみふみ
【2006/07/04 20:39 】 | 和食 | コメント(0) | トラックバック(0)
京のつくね屋
京都市左京区にある親子丼が美味しいお店

親子丼
会席鶏料理で知られる「八起庵」の東店としてオープンしたお店。オススメは「親子丼」(1360円。上の画像)。出汁がとても美味しく、たまごはとろとろ、鶏肉も下味がついていて美味しいです。他にも鶏肉を使った料理や鍋などメニューはありますが、お客さんの大半は親子丼を食べていました。


住所:京都市左京区丸太町通川端東入ル一筋目上ル
(京阪丸太町駅より徒歩1分)
電話番号:075-761-2245
営業時間:11:00~14:30、17:00~22:00
定休日:日曜
【2006/03/30 20:56 】 | 和食 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。