FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
PAN STAGE MY
東京都西東京市、東久留米市にある美味しいパン屋さん

注)私は西東京市のお店しか行ったことがないので、そこについて書きます。

PAN STAGE MY
お店の雰囲気はとてもかわいらしく、いつもオルゴール音楽が流れています。パンの種類は数えたことはありませんが、30種類ほどはあると思います。サンドウィッチ、ピザパン、あんぱん、菓子パン、フルーツを使ったパン、など多種多様で、それらのパンは見た目がかわいく、味もどれも美味しいです。


いつ行っても混んでいます。特にお昼時はレジで5~10分並ばなければ買えないほどです。なのでお昼時は避けていくことをオススメします。

オススメのパン
・和風ベーコンエッグ(150円)
・ねぎみそ(189円、左下)
・男爵カレーパン(150円、右下)
ネギミソ 男爵カレーパン




*東伏見店
住所:東京都西東京市富士町3-4-12
(西武新宿線東伏見駅より徒歩5分)
電話番号:0424-50-5030
営業時間:7:00~19:00
定休日:火曜

*東久留米店
住所:東京都東久留米市大門町2-6-8
電話番号:0424-77-2383
営業時間:7:00~19:00
定休日:火曜
スポンサーサイト
【2006/07/21 19:47 】 | パン | コメント(0) | トラックバック(0)
薄氷本舗 五郎丸屋
富山県小矢部市にある、創業二百何十年を越える老舗の和菓子屋さん「薄氷本舗 五郎丸屋」 隣の市に住んでいて、このような老舗のお店があるとは今まで知りませんでした。

五郎丸屋 薄氷お店の名物になっている「薄氷
雪深い北陸の、雪どけの頃の朝に水溜りや水田に張る薄い氷を表した御菓子だそうです。創作したのは宝暦2年(1751)、5代目五郎丸屋八左ェ門という方で、以来代々子孫にその製法が伝授されました。臨済宗本山国泰寺(富山県高岡市)を経て禁裏に献上され、また加賀藩城主・前田斎広(12代目)公が江戸に参勤の際にお土産として幕府に持参された、とのことです。(参考:菓子箱についていた「薄氷の由来」)
今では全国のお茶席で親しまれているお菓子。かむとパリッと軽い音を立て、徳島県産という和三盆が口の中でしゅわっと溶ける感じです。程よい甘さでお茶請けにちょうどです。
10個入り945円から。ごらんのように割れないように綿が入っています。
五郎丸屋 立山紬右は「立山紬」これも上品なお菓子です。1個157円。写真はきれいに撮れなかったので五郎丸屋のホームページを見てください。
また、外観はいかにも老舗という構えで、3階建ての大きな建物でした。(お店と工場と住居も兼ねている?)
中は近年改装されたのかきれいでしたが、これも老舗らしい雰囲気を残していました。天井が高く立派な梁を見せていて、入り口を入って左手の壁の上部には、代々店で創作されてきた年季の入った菓子の札が並べられていて、奥には中庭があり美しい景観を作っていました。品の並べ方がかわいくて、どれも美味しそうでした。そして店のおかみさんがとても愛想の良い方で終始笑顔と明るい笑い声が堪えないお人でした。老舗といえばツンとしたおかみさんが多いというイメージでしたが、このお店は違います。
また行きたくなります。今度は中の写真も撮らせてもらおうかなと思います。


五郎丸屋 外観【場所】富山県小矢部市中央町5-5
(地図 ⇒Google マップ
【電話】0766-67-0039
【HP】薄氷本舗 五郎丸屋 ホームページ
【販売所】富山・高岡ステーションビル , 富山大和 , 高岡大和 , めいてつエムザ , 日本橋高島屋
【オンラインショップ】高島屋 オンラインショッピング - 銘菓百選 - 信越・北陸...こちらの送料は税込300円になっています


【関連リンク】
薄氷(うすごおり) パリッと春の味わい - 甘味主義 - フード&スイーツ (YOMIURI ONLINE)

【2006/07/18 12:38 】 | 和菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
なか川寿司
なか川 入り口 「なか川寿司」は高岡市の港町・伏木にあるお寿司屋さん。
伏木駅前の通りを脇道に入ったところの、静かな住宅が密集する一角です。目立たないので見落としがち。
入り口も少し引っ込んでいますが、「なか川」の看板を探して行ってください。看板の「な」はくずし字で、「ふ」のように見えます。
横に広めに取ってある駐車場があります。

なか川 店内 店内は意外とゆったりしています。何年か前に改装されたようで、入り口の扉とカウンターの扉は新しかったです。ご主人と奥さんの2人でやっているようす。長年のお馴染みさんが多く、出前を取る人も少なくないよう。


なか川 たぬきの置物入ってすぐ脇にあるタヌキの置物が大きかったです。

食べたのは、にぎり寿司(正式名称不明) 
1500円+税
ちなみに、梅は1300円、松は2000円だったと思います。その他握りの単品やちらし寿司もありました。
 「竹」 見た目は控えめな量に見えますが、これでお腹いっぱいになりました。実はわたしはお寿司はそれほど好きではなく、生魚の握り寿司もそれほど進んで食べたいとは思いませんが、美味しいと聞いていたのでこの寿司屋さんに行ったのです。
なか川 寿司 竹 握りたてということもあるでしょうが、ネタが新鮮でしゃりもちょうど良い具合で、口当優しい味でした。これならお腹が満たされるまで幾つでも口に入れられそうです。画像には写っていませんが、これにみそ汁が付きます。これも美味しかったです。

また食べに行きたくなるお店でした。

なか川 店内【場所】富山県高岡市伏木錦町2-8 (地図 ⇒Google マップ)
JR氷見線 伏木駅から徒歩5分ほど
【電話】0766-44-0793
【定休日】月曜日
【座席】カウンター席10人 / テーブル(畳)席4人分
【駐車場】店舗の横に駐車場有。6台は停められます。

営業時間】お昼:12:00前後~ カウンターなしで盛り合わせのみ受け付け
夕方:17:30ごろ~21:00ごろまで
*電話で確認してみたところ、何時から何時までとはっきりはしていないようです。また、配達の関係でお待ちいただく場合があるかもしれない、とのことです。


【地図日記で場所の確認】


記事・写真:ふみふみ
【2006/07/04 20:39 】 | 和食 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。